fg

シートメタル

極厚板

150 mm 以上の厚さの鋼板を極厚板と呼んでいます。これらは特に、発電所の圧力容器、および鉄鋼生産のための釜や容器の製造に使用されます。検査システム DEFECTOPLATEでは、超音波技術を使用して、極厚板の積層欠陥を正確に検出します。検査用電子機器は、不連続性を検出し、生データの前処理を行います。これらはさらに評価ソフトウェアで処理され、グラフィカルな Cスコープ表示され、選択可能な基準に従って評価されます。

DEFECTOMAT: DEFECTOMATシリーズは、検査材料の点状および横方向欠陥を検査します。平材の探傷用に特別なプローブが用意されています。

透磁率及び磁束密度を測定するため、さらにFOERSTERは、測定装置 MAGNETOMATMAGNETOSCOPを用意しています。