fg

パワープラントテクノロジー

発電所や飛行機のタービンは強い負荷に対する耐性が求められます。そのため、 発電所で使用される個々の部品やコンポーネントは製造中および製造後にクラックや異材混入の検査を受け、その後の点検でタービンブレードに腐食損傷がないかも検査されます。


FOERSTER社は、どんな検査状況にも適合するシステムを提供しています。

 

STATOGRAPH:正確なクラック検査のために、STATOGRAPHシリーズは検査状況に合わせたさまざまなシステムを提供します。数多くの異なる標準センサーや特殊センサーは個々のコンポーネントの自動渦電流検査を容易にします。

MAGNATEST:MAGNATESTシリーズは特に金属コンポーネントの材質検査および組織構造検査のために開発されました。個々のコンポーネントの異材混入検査と硬度検査が可能です。

DEFECTOMETER:ポータブル検査装置 DEFECTOMETERは手動のメンテナンス検査に適しています。20 µm以上のクラックを検出することができます。

DEFECTOSCOP:コンピューター援用の汎用ポータブル検査装置DEFECTOSCOPは、導電性材の亀裂や組織構造の手動メンテナンス検査に使用されます。