ボディ / 外板

自動車のボディには鋼板またはアルミプレートが一般的に使用されます。また、航空機の外板は重量を軽くするためにアルミニウムまたはアルミニウム合金材で構成されています。外板の繋ぎ合わせにはリベットが使用されています。

詳細情報はアルミ部品のアプリケーションノートをご参照下さい

FOERSTER社では静的検査システムに加え、航空機のメンテナンス等に使用することができる動的検査装置を提供しています。

STATOGRAPH:STATOGRAPHシリーズは、どんなテスト状況や検査材料にも適合するシステムを提供しています。多種の異なる標準センサーや特殊センサーを用いて、材料の欠陥を渦電流で正確に検査します。

MAGNATEST:MAGNATESTシリーズは、金属部品の材質検査および組織構造検査のためのシステムです。硬度検査と異材混入検査の両方を行うことができます。

DEFECTOMETER:ポータブル検査装置 DEFECTOMETERは、手動のクラック検査に使用されます。これにより、20 µm以上のクラックを検出することができます。

SIGMATEST:ポータブル導電率測定器のSIGMATESTは、非磁性(非鉄)材の組織構造変化の手動検査に使用されます。

DEFECTOSCOP:コンピューター援用の汎用検査装置DEFECTOSCOPは、導電性材料の亀裂や組織構造の手動検査に使用されます。