fg

ループエンド検出およびマンドレル破断検出

ループエンド検出およびマンドレル破断検出

シームレス管の製造においてループエンド検出およびマンドレル破断検出は重要な役割を果たしています。製造ラインの障害を監視して制御するために、 渦電流検査システムは欠陥検査に加えて ラインモニター用センサーとしても機能することができます。

ループエンド検出

シームレス管の製造ラインにおいて、管ループはローラーユニットのスチールマンドレルバーへと導かれます。動きは連続的ではなく、徐々にスライドし回転します。管ループ間のカップリングジョイントは、プロセスシーケンスを制御するために検出する必要があります。スキャンコイルを有する渦電流探傷機はこの情報を正確に検出します。

マンドレル破断検出

管ループの中に押し込まれるローリングマンドレルは、製造時に引き裂かれ、仕上がった管内に留まる場合があります。貫通コイルでこのマンドレル破断を検出し、機械を停止させることができます。ループエンド検出およびマンドレル破断検出は、FOERSTER社の次の検査機器で行います。

DEFECTOMAT:DEFECTOMAT検査システムは渦電流探傷法で管表面のスポット欠陥と横方向欠陥を探傷します。適切なセンサーが付けられたシステムは、ループエンド検出およびマンドレル破断検出にも使用することができます。