fg

レール

レール

レールには大きな負荷がかかり、かつ長年にわたって機能することが期待されるため、製造時に最高品質の要件が課せられています。このため、レール材料の欠陥は、渦電流技術の助けを借りて製造の際にすでに確認されることが標準的になっています。
レールの異型形状により、特殊な渦電流検査システムが必要です。

 

CIRCOGRAPH検査エレクトロニクスは、レールの表面欠陥の評価に最も適しています。CIRCOSCAN回転ディスクはレール表面の重要な個所をスキャンするために使用され、その検査結果は CIRCOGRAPH 検査装置に伝えられます。

DEFECTOMAT:   DEFECTOMAT シリーズ は、固定プローブとセグメント コイルにより、重要な個所の点状および横方向欠陥を正確に検出します。

それに加えて、サーモグラフィシステムDEFECTOVISIONを用いたレール検査ができます。レール表面上の温度分布を解析することによって、非常に微細な欠陥も検出し、視覚化することができます。材料の端部でも、数ミリメートルまで検査の対象となります。

透磁率及び磁束密度を測定するため、さらにFOERSTERは、測定装置MAGNETOSCOPMAGNETOMATを用意しています。