円形断面を持つビレットでは、材料の表面が粗いため、確実に表面欠陥を検出するために、特殊な検査システムが必要です。
FOERSTER は、丸ビレットの検査のために、人手を要する磁粉探傷試験と置き換えることができる2つの自動検査システムを用意しています。

DEFECTOVISION: 検査システムDEFECTOVISIONは赤外線サーモグラフィーを原理とします。ビレット表面上の温度分布を解析することによって、非常に微細な表面欠陥も検出し、視覚化することができます。エッジ領域や材料の端部でも、数ミリメートルまでが検査の対象となります。

CIRCOFLUX: 渦電流探傷では材料の表面があまりにも粗いために虚報信号が生じますが、CIRCOFLUXは交流磁気漏洩磁束法で探傷しますので表面肌の影響を受けにくい探傷システムです。CIRCOFLUX によって、丸ビレットの表面の縦方向欠陥を確実に検出することができます。

MAGNATEST D-HZP:  検査システムMAGNATEST D-HZP はビレットの異材検査や熱処理管理が行えます。このシステムは、磁気誘導法を原理としています。

透磁率および磁束密度を測定するために、FOERSTERは、測定装置MAGNETOSCOPMAGNETOMATを提供しています。