溶接鋼管 NFE / FE

磁性/非磁性 溶接管

外径と比較して肉厚の薄いパイプは、通常、溶接管として製造されます。通常、金属の帯を長手方向に溶接して作ります。
FOERSTER の検査システムではまた、溶接したパイプを、渦電流技術を使用して正確に探傷することができます。

DEFECTOMAT:  検査システム DEFECTOMAT は、非破壊の渦電流によってパイプの表面の点状および横方向欠陥を検出します。

セグメントコイルおよび ウェルドシームプローブ: 溶接管の縦方向に延びる溶接部を検査するために、FOERSTER は、セグメントコイルとウェルドシームプローブを用意しています。また、検査材料が高温でも信頼できるテストを可能にするサーモプローブが利用可能です。

ROTOMAT/TRANSOMAT: 検査システムROTOMATおよびTRANSOMATは特に大径の管用に開発され、内径側と外径側の表面欠陥を直流磁化漏洩磁束法で検査します。