fg

熱間線材

熱間線材

熱間線材の検査は、1200 ℃ の材料温度でも完璧に動作する必要があるため、システムに特別な仕様が必要です。さらに検査速度も、120 m/秒まで保証できる必要があります。FOERSTER の検査システムでは、熱間線材の圧延ロールによってついた欠陥を、極端な条件下でも確実に検出できます。

DEFECTOMAT: DEFECTOMATシリーズは、熱間線材の点状欠陥および横方向欠陥も正確に検査できます。この理由でDEFECTOTHERM センサーシステムが取り付けられます。サーモコイルは 1200 ℃ までの温度下でも問題なく動作します。

DEFECTOTHERM: 熱間線材用として特別に開発されたセンサー システム DEFECTOTHERMとDEFECTOMAT を組み合わせて使用することで信頼性のある探傷が行えます。