fg

継ぎ目なし鋼管

継ぎ目なし鋼管

シームレス鋼管は、石油およびガス産業において主に油井管および石油掘削ロッドに使用されます。シームレス鋼管は加熱した鋼片を直径方向に圧縮回転させながらプラグというもので穴を開けて製造されます。

DEFECTOMAT: DEFECTOMATシリーズ は、渦電流技術を用いてシームレス鋼管の点状および横方向欠陥を検出します。標準の連続コイルと組み合わせて、直径最大 240 mmまでの管を探傷することができます。

ROTOMAT/TRANSOMAT: 検査システムROTOMATおよびTRANSOMATは特に大径の管用に開発され、管の内径側と外径側の表面欠陥を直流磁化漏洩磁束法で検査します。

MAGNATEST D-HZP: 検査システム MAGNATEST D HZP を使用すると、検査材料の素材測定と硬度管理を実行できます。このシステムは磁気誘導法の原理で行っています。

CIRCOGRAPH:  検査システム CIRCOGRAPH は、シームレス鋼管の縦方向の欠陥を正確に検査します。回転プローブは渦電流を用いて非接触で螺旋状にスキャンします。

CIRCOSON WT:  CIRCOSON WT は EMAT (電磁超音波法) により強磁性鋼管の正確な肉厚測定を可能にします。オプションによりラミネーション検査や板厚の内部欠陥を確実に検出することができます。

DEFECTOVISION:検査システムDEFECTOVISIONは赤外線サーモグラフィーを応用しています。温度分布を解析することによって、例えばビレットやシームレス鋼管等の非常に小さな表面欠陥を検出し、可視化することができます。