fg

考古学アプリケーション

考古学

考古学調査は、高感度フラックスゲート磁力計 (フェルスタープローブ) を使用して土壌の地磁気を計測して行います。プローブは、地中に埋もれている様々な遺物が発する磁界を測定します。これらのデータはソフトウェアで評価され、隠された痕跡を再び可視化します。 FOERSTER社は考古学調査のために次の装置を提供しています。

 

FEREX DLGおよびDLG KARTO:FEREX DLGおよびDLG KARTOは最高感度を持つ強磁性探知装置で、地理学的連動やナビゲーションも可能です。

FEREXプローブホルダー: プローブホルダーシステムは広い領域での探査用に開発され、持ち運ぶか、またはホイールセットに装備することができます。

FEREX PNC: FEREX PNCは、地面や水中における広い領域の探査のための磁力計ネットワークです。FEREX PNCプローブネットワークコントローラーは、最大16本のFEREX CON 650プローブのネットワーク構築を可能にします。

FOERSTER MULTICAT:堅牢なプローブトレイラーMULTICATはオフロードの広い領域での探査に適しています。1時間あたり最大2ヘクタールのエリアの探査を可能にします。データ収集および評価はソフトウェアDATAMONITOR 3で行われます。

DATA2LINE BASICおよびGEO:基本ソフトウェアDATA2LINEはデータの評価に利用でき、さらにGEOモジュールを追加できます。これは、データ処理のための地球物理学フィルターです。