fg

サーモグラフィ

サーモグラフィ:実証済みの方法 – 新しい評価

DEFECTOVISION IRは被検査材の表面の欠陥場所を目に見えるようにし、欠陥の大きさや深さを熱画像情報で表示します。それにより、試験材の再加工は最小限に抑えられます。誘導加熱式サーモグラフィの検査方法は材料表面のほぼ100%をカバーし、非接触で検査できます。
DEFECTOVISION IRを使用した検査では、誘導コイルの中に検査する試験材が通され、その間に表面が加熱されます。4台の赤外線カメラは、結果として得られた材料の温度分布を検出します。表面の欠陥は、材料欠陥の大きさに応じて局所的に温度が上昇します。デジタルデータは、検査用電子機器によって評価され、全自動で欠陥の正確な位置および品質等級を決定します。
測定された材料表面の温度分布もその性質に依存するため、加熱する前に試験材を水でよく湿らせます。これは、温度測定に重要な放射率の増加と高い均一性を保証し、再現可能な検査結果を得るためです。
FOERSTER社で新たに開発され、特許取得済みの評価方法では、それぞれの表面点が数回スキャンされます。その結果、テスト信号の中に材料欠陥が本当に潜んでいるか、あるいはエラーかを最終的に確定することができます。