fg

磁場測定

磁場測定の動作原理

地中における強磁性体の検出は、それぞれの磁気特性が重要な役割をします。磁場測定は、地中にある異物が地上の磁場に違う影響を与えることを利用します。地上の磁場の変動は磁力計で測定します。これは地磁気とも呼ばれています。地上表面の磁場の局所的変化は、地中の強磁性材を示します。このように地磁気を利用して汚染物 (不発弾等) や遺跡等の様々な物体を検出することができます。

磁力計&グラジオメータの機能

空間的に離れて向かい合う2個の磁力計の差動回路により、地球の地磁気の偏差を測定することができます。この計測システムはグラジオメータと呼ばれています。
両方の磁力計が同じ磁場にある場合、結果として得られる信号はゼロです。例えば不発弾や考古学的遺構による地中の磁気異常は、両方の磁力計内に異なる磁場を生成するので、それにより可視化することができます。