磁気誘導試験法

磁気誘導試験法の動作原理

測定コイルの受信コイルで、試験する材料の導電率(電気特性値)およびヒステリシス曲線(磁気特性値)の大きさや形状に依存して発生する電圧を測定する。その電圧の評価によって強磁性材、オーステナイト鋼および非鉄金属の検査を可能にします。

特にヒステリシス曲線は硬度、合金成分および結晶構造等の技術的特性値に強く影響されるため、これらの特性値は磁気特性で容易に検出することができます。

励起磁場強度を変化させると、物性特性と相関関係にある磁気特性を反映するヒステリシス曲線が変化します。励起周波数の選択で、被検査材の表面を測定するのか、あるいは表面よりも深い部分を測定するのかを決めることができます。