問い合わせ先

回転走査プローブによる非破壊検査

CIRCOFLUX 検査システムは、規格 EN 10221 に準拠した漏洩磁束法によって強磁性の棒鋼の表面を非破壊で検査します。この探傷方法は、熱間圧延棒鋼の軸方向に発生する表面クラックを検査する最も良い方法です。従ってCIRCOFLUX センサーシステムは、記録に残すことや再現することが困難な磁粉探傷試験 や視覚検査のような主観的な試験方法に取って代わるものです。

このセンサ ーシステムは、直径約 10 ~ 180 mm の材料の範囲をカバーします。この分野での FOERSTER の長年の経験は、高い動作信頼性を補償いたします。益々高い欠陥検出能の要求に答えるための探傷電子装置の設計もされています。