問い合わせ先

強磁性鋼管の正確な測定

CIRCOSON WT センサーシステムは、いわゆるEMAT(電磁超音波)法によって動作します。この方法は、電磁的に超音波を発生させ、受信します。EMAT法は、国際規格に準拠した強磁性シームレス鋼管の高精度な肉厚測定を可能にします。データは、直接、CIRCOSON WTに送信され、処理され、分析されます。このシステムの肉厚測定精度は、約 ± 50 μm で、最大検査速度は 3.2 m/s を実現しています。

多くの場合、CIRCOSON WTシステムは、ROTOMAT と TRANSOMAT システムと一緒に使用します。これは、加えて材料の縦方向と横方向の欠陥を検査します。FOERSTERはシステムプロバイダーとして、お客様のご要求に合わせたテイラーメードの検査ラインを開発しています。

 

規格

API 5 CT

鋼管 (ハウジング、管、メカニカルシールとロッドエンド)、クラッチの材料やアクセサリーの技術的受け渡し条件を指定しています。要求は3つの製品規格レベル (PSL-1、PSL-2、PSL-3) で定義されます。

API 5 L

原油および天然ガス用パイプラインのシームレス及び溶接鋼管の仕様を含んでいます。API 5L の仕様は、ISO 3183 に適合しています。

DIN EN 10893-12

 シームレス鋼管及び溶接鋼管 (サブマージアーク溶接鋼管を除く) の円周方向全体に渡る自動超音波肉厚試験について規定しています 。