fg

問い合わせ先

Innovative testing meets customer-specific solution
Ultrasonic testing system for heavy and thick plate

顧客固有のソリューションを満たす革新的な検査

鉄鋼および圧延そのものは益々厳しい品質要求に直面しており、国際規格や個別契約に準拠した試験プロセスによる検証を必要とします。FOERSTERのDEFECTOPLATEは超音波で厚板及び極厚板のラミネーションを検出し、評価するのに特に適しています。

このシステムはモジュラーを基本としています。可能な限りの機能性と確実な処理ができるよう、お客様の要求に合うように調整し、組み合わせたコンポーネントを使用します。生産ラインのレイアウトや要求に応じて、様々な考え方で搬送ライン上(上から検査)あるいは下流側(下から検査)にテストシステムを導入することができます。考え方に応じて、板全体を1回でテストするか、あるいはライン上で縦置きの板の表面全体の検査を行います。

超音波探傷によって得られた材料のラミネーション欠陥の生データは、検査エレクトロニクスで前処理され、評価用の解析ソフトウェアに送られます。さらにこのシステムは、システムオペレーターによって定められた様々な国際規格や検査基準に応じて全て自動で評価を行います。もし、板が要求された品質要求に満たない場合、再び板を検査する必要がなく、保存した検査データに基づいて他の基準に従って繰り返し評価を実行することができ、再びその板を探傷する必要がありません。

利点の概観

  • 1度の探傷で板全体のラミネーション欠陥の記録が自動で保存
  • 約 720 枚/日の大検査容量
  • 評価ソフトウェアにより、国際規格または個別基準による自動かつ再現可能な検査ドキュメントが可能になります
  • 評価ソフトウェアによる異なる検査基準を使用したオフライン再評価が可能、これにより再検査が省かれ、処理が簡素化されます
  • 検査済み材料は、高級材市場に参入でき、高い売り上げを得ることができます
  • プロセス監視および最適化ツールとして検査 システムを使用することによる生産リソースの削減

    テクニカルデータ

    超音波探傷装置: FOERSTER 超音波探傷機、FOERSTER 評価ソフトウェア
    送信機/受信機テストヘッド: S1E1 / S1E3 / S1E4, 5 MHz
    検査速度: ≤ 1000 mm/s
    分離距離: 1 mm (最大 1000 mm/s)
    検査感度: KSR2、KSR3
    不感帯:
    (基準値、反射の大きさと深さに応じて)
    両側約 1.5 mm
    未検査エッジ領域 (システム構成と設計によって異なる)

    未検査エッジ領域:
    (システム構成と設計によって
    異なる値が生じる場合があります)

    •  切断材は 5 mm 以下 / 未切断材は 15 mm 以下の検査を含む長手方向端部
    • 80 mm 以下の先端/後端検査なしの横端部
    • 5mm 以下の先端/後端検査を含む横端部 (カットシートの場合のみ)
    材料: 低合金、フェライト鋼
    板の寸法:
    (基準値、顧客仕様に従って異なる値)
    長さ 3,000 ~ 52,000 mm、幅 900 ~ 5,400 mm、厚さ 5 ~ 175 mm
    板の温度: 表面 5 ~ 120 °C、オプションで 200 °C まで
    板の条件:
    • 表面は圧延され、汚れ、油、グリース、ペイントや不純物およびスケールがないこと
    • 反りやエッジの変形 (へこみ、カットのバリ、または切断による残り) がないこと
    • 最大限アンバランスが限定されていること

     

     

    規格

    JIS G 0901

    は、 圧力容器用鋼板の超音波検査 を説明します。

    AS 1710-2007

    炭素及び低合金鋼板の超音波探傷検査の方法や形状、品質分類を定義します。

    ASME SA 435

    垂直プローブによるパルス反射法を用いた圧延脱酸素炭素鋼板や合金鋼板の超音波探傷検査のための規格と受け入れ基準が含まれています。

    ASME SA 578

    垂直プローブによる特殊用途用の圧延鋼板の超音波探傷検査 を規定しています。

    ASTM A 435

    には、 圧延され完全に安定した炭素鋼と合金鋼プレートの垂直プローブによるパルスエコーを用いた超音波検査のための規格と受け入れ基準が含まれています。

    ASTM A 578

    垂直プローブによるパルス反射法を用いた圧延合金鋼板の超音波探傷検査のための規格と受け入れ基準が含まれています。

    BS 5996:1993

    超音波探傷での鋼板、鋼帯、平鋼の欠陥の許容レベルを定義します。

    DNV OS-F 101

    管のシステムの生産、アセンブリ、検査、試運転およびメンテナンスのための基準とガイドラインが含まれています。鋼板、鋼帯、鋼管のラミネーション欠陥には超音波探傷検査が推奨され、検査要件が定義されています。

    EN 10160

    厚さ6 mm 以上の平鋼板の超音波探傷検査(反射法) について規定しています。

    EURONORM 160-85

    厚さ6 mm 以上の平鋼板の超音波探傷検査(反射法) を規定しています。

    GB/T 2970-2004

    厚板鋼板の超音波探傷検査 の手順について規定しています。

    GOST 22727-1988

    圧延鋼板の超音波探傷検査の手順について規定しています。

    ISO 10893-9

    溶接鋼管用鋼帯および鋼板のラミネーション検出のための自動超音波探傷試験について規定しています。

    ISO 17577

    厚さ6 mm 以上の平鋼板の超音波探傷検査について規定しています。

    ISO 3183

    原油及び天然ガス産業のパイプライン輸送システム用鋼管の検査方法と要件を規定しています。

    JB 4730-1994

    母材や交換部品、圧力容器溶接部の超音波探傷など、5種類の非破壊検査方法および欠陥分類について規定しています。

    JIS G 0801

    圧力容器用鋼板の超音波探傷検査について規定しています。

    NF A04-305

    厚さ6 mm 以上の平鋼板の超音波探傷検査(反射法)について規定しています。