問い合わせ先

実績に基づいた革新的ソリューション

1937年に金属の磁力特性を研究していたFriedrich Förster(フリードリヒ・フェルスター)は地磁気が測定装置の検出コイルに干渉することを発見しました。彼は後にフェルスタープローブとして知られる磁気フィールドの超高感度測定装置の開発を始めました。今日まで続くこの原理に、FEREXフラックスゲート磁力計は基づいています。

 

この装置は、強磁性体によって乱される地磁気の状態を測定します。そして、鉄、鋼、ニッケルなどの強磁性体材料の確かな特定を可能にします。それゆえにFEREXは、第二次世界大戦の不発弾のような兵器の検出はいうまでもなく、考古学発掘や地球物理学研究にまで用いられます。