fg

問い合わせ先

Systems for measuring the saturation polarization σs and Js

磁気特性によって材料を評価します

重量固有磁気飽和分極 σs および体積固有磁気飽和分極 Js のようなMS磁気量は、焼結した超硬合金および粉末冶金部品の製造において、さまざまな重要な工程パラメーターおよび材料特性と相関関係があります。

FOERSTERのKOERZIMAT 1.097 MSは、重量固有の磁気飽和分極 σs およびボリューム固有の磁気飽和分極Js を精密で自動かつ迅速に測定することができます。大きな形状に依存しない測定は特に複雑な形のサンプルを調査することができます。KOERZIMAT 1.097 MS は、とりわけ硬質金属の焼結プロセスにおける焼結度を制御する際のコバルトに溶けたタングステンの含有量、粉末/硬質金属中の鉄、コバルトまたはニッケル含有量の特定に使用されます。磁気回路に使用される軟磁性部品の磁気分極Jsの測定にも使用されます。

利点の概要

  • IEC 60404-14 による飽和磁化の決定
  • オーステナイト系ステンレス鋼における磁気相の決定
  • PCによる計測制御システム
  • 形状に依存しない測定
  • 軽量で非常にコンパクトな設計
  • シングルおよびシリアル測定の制御のためのソフトウェア
  • 測定データとパラメーターの記録用データベース
  • 顧客固有のレポート
  • 自動化、データ アクセスなどのためのリモートポート

    テクニカルデータ

    感度: 2*10-8 Tm3/kg (MS 26 x 60)
    1*10-7 Tm3/kg (MS 31 x 69)
    エアギャップにおける磁界強度: 1.15 T
    測定の不確さ: 測定値の 0.5 %
    計測素子:  磁束計を含むヘルムホルツコイル対
    電力供給: AC 100 ~ 240 V、50 Hz/60 Hz
    圧縮空気供給: 6 bar (MS 31 x 69)

     

     

    規格

    ASTM B886

    焼結した超硬合金の飽和磁化を測定する手順について定義しています。

    IEC 60404-14

    開磁路におけるヘルホルツコイルを使用して磁気飽和双極子モーメント jS の測定について規定しています。この測定方法の利点は、幾何学的形状に関係なくサンプル試料を測定できることにあります。特別な測定サンプルの準備は必要ありません。