問い合わせ先

MAGNATEST is used for the non-destructive testing of metallic materials

金属部品の硬度や結晶構造の自動検査

MAGNATESTシリーズは、金属材料の磁気または電気的特性の破壊検査に用いられます。これらの検査装置は、二次加工品の生産だけでなく、自動車、航空宇宙産業で使用されます。例えばブレーキディスクやボールピンなどの重要保安部品、または、カムシャフトやドライブシャフトなどの重要機能部品の検査に重点を置いています。典型的な検査タスクには、硬度管理、異鋼種混入、あるいは等級分離があります。MAGNATEST は、すべての金属部品系統の幾何学的性質の自動単体試験にも使用できます。検査装置MAGNATESTに装備されている高性能なアンプは、攪乱のインパクトのある時ですら極めて高い信頼性と信号再現性を保証する高調波解析を可能にしています。

MAGNATEST ECMは安価なエントリーモデルとして設計されています。MAGNATEST D は、最小限の結晶構造の違いも示せる洗練された解析電子回路が特徴になっています。包括的な範囲を有する円形や角断面の標準検査コイルと標準的プローブと一緒にMAGNATESTは多様な検査として提供されています。

FOERSTERはまた、パイプや棒鋼などの二次加工品の材質検査に、多様な選択肢を持つ MAGNATEST D-HZP を開発しました。二次加工品の材質や結晶構造の検査に興味がある場合、MAGNATEST D-HZPをご参照ください。