fg

問い合わせ先

Magneto-inductive testing of the material properties of semi-finished products

MAGNATEST® D HZP による完全自動化異材混入検査

FOERSTER 製 MAGNATEST D HZPは究極の磁気誘導検査装置です。システムは材料特性に関する完全自動化された検査を実行します。
これはシングルコイル絶対値モードで行われ、比較コイルを不要としています。
高励起電流と複合解析電子回路の組み合わせで、非常にわずかな結晶構造の不整合でも特定されます。
大きなカラーディスプレイにはっきりと表示される検査結果は、検査部品の統計データ、ヒストグラム表示および検査データのエキスポートによって添付記録されます。

利点の概観

  • 単一コイルの絶対値動作、そのため比較コイルは不要
  • 励磁電流の安定した磁場強度
  • 対象となるヒステリシスコントロールの磁気特性による材質検査に対する高い検査感度のための高い電流
  • 完全ネットワーク統合と手順を統合する遠隔アクセス
  • ソフトウェア仕様に沿ったファンクションボタンによる簡便な操作
  • 統計的に計算された分離閾値の自動的生成
  • 検査中の分離範囲のトレンド追跡

    テクニカルデータ

    検査励磁周波数: 2 Hz から 128 kHz までの17 レベル
    入出力接点数:  8ビット
    検査トリガー: 手動、外部
    分類の閾値設定: 円、楕円、四角形、回帰直線+四角形
    分類検査: グループ解析
    励磁: 単一周波数、複数周波数