医療工学

業界の専門知識

FOERSTER社の装置は、要求される品質基準に合致する材料かどうかの検査をして、高品質な最終製品を届けられるように、様々な業界で貢献しています。その一つが医療技術です。ここでは、未来型のハイテクが慎重かつ正確な手作業と合体します。これには、精度、品質および信頼性が特に重要な役割を果たします。

FOERSTER社は1948年以来、ペースメーカーやステントのようなインプラント用ワイヤーの微小な表面欠陥を検査するためのセンサーを提供してきました。

また、 MAGNETOMATおよび MAGNETOSCOP で医療機器を製造するための材料や部品を選択することはもちろん、磁気に敏感な機器の設置場所を監視することもできます。

医療技術における弊社のアプリケーションに関しての詳細が必要ですか?その場合は、弊社の使用例をご覧ください。

使用例

ペースメーカー

心臓の拍動が突然不規則になった場合、それをサポートするペースメーカーが必要になります。1958年に初めてペースメーカーが使われました。今日ではマッチ箱より小さくなり、また日常的に手術が行われています。ペースメーカーが確実に問題なく動作するには非常に高い品質が求められます。

重要な部品は、ペースメーカーの電極の遠位端に配置されている細いワイヤースプリングです。これらの電極は、心臓の筋肉に電気インパルスを導き、心臓が再び正常に拍動するようにします。

FOERSTER社は、直径わずか1~2 mmの内蔵ワイヤーの品質を確保するための特別なセンサーシステム DEFECTOMINIを開発しました。これは極細ワイヤーにおいて信頼性の高い欠陥検査を保証します。このセンサーシステムは、縦割れや横割れのような微細表面欠陥を検出することができ、 従って完璧な材料のみがペースメーカーに使用されます。

これは、ペースメーカーを使用している4百万の心臓を長期間に渡り動作させることを確実にしている多くの要因の1つにすぎません。

 
 
MRI(磁気共鳴画像装置)

あなたが週末に友達とサッカーをした際に誤った動きをし、突然膝に刺すような痛みを感じたとしたら。MRIは通常、靭帯や半月板の損傷の程度や問題の有無を診断します。

MRIが高解像度の画像を生成できるようにするために、構内の計画段階において特定の準備をする必要があります。MRIは、患者の周りに生成される強い磁界で画像を処理します。この磁場は近辺の電力線、移動する金属製物体、エレベーターあるいは交通車両に非常に敏感に反応するため、生成される画像の品質に影響を及ぼします。

従って、MRI設置前には設置予定領域の適性をチェックする必要があります。これは、 MAGNETOMATおよび 3軸磁力計 で個々の測定値と長期に渡る測定で評価することができます。これらの装置で、空間磁場を測定し、対策を講じる必要がある干渉物について知ることができます。

さらに、MAGNETOSCOPおよび MAGNETOMATでどのような部品が核磁気共鳴装置に適しているかを正確に判断できます。検出することができます。要求される非磁性特性は、材料の比透磁率 または残留磁気によって特定されます。

これらすべての条件が満たされたら、正確な診断を可能にする、私たちの身体の素晴らしい検査画像が得られるでしょう。