石油/ガス産業

業界の専門知識

石油リグ上や生産プラットフォーム上での作業は、最も肉体的に厳しく危険な作業の部類に入ります。同時に、今日の産業と社会は石油と天然ガスに大きく依存しています。衣服の合成樹脂繊維、飲み物に使用されているPETボトルから口紅まで日用品の多くは -  気づかない場合がほとんどですが - 石油が原材料です。

そのため供給プロセスが故障せずに動作することがなおさら重要です。これは、新しい油田やガス田の掘削に使用される石油ドリルパイプから始まります。これらの要求を満たし極めて大きなストレスのかかる材料には、完璧な材料が不可欠です。同様に、漏れにより発生する可能性がある危険な環境破壊を防止するためにも、欠陥の無い材料は重要です。熱間圧延棒および配管の検査で数十年の経験を持つFOERSTER社は、完璧なパートナーになります。

石油掘削パイプの検査に関する詳細は以下をご覧ください。

使用例

黒い黄金と言われる石油を採取するため、掘削パイプは地中深く突き進む必要があります。

深さ2,000 mの中深層掘削孔には、9 mのパイプが222本必要です。9 mごとに次のパイプをボルト止めする必要があります。以前は手作業で行われていましたが、負傷の危険性が高いという理由だけではなく、機械による作業に代わりました。現在ではパイプの交換時間は1分30秒~4分です。掘削ビットに磨耗または欠陥がある場合、最初にパイプ全体を引き抜く必要があります。

材料には高い耐性と耐久性が必要です。従って、国際規格に準拠した欠陥のない材料が不可欠です。FOERSTER社はそのため、石油掘削パイプの高い品質要求に合わせて特別に調整した検査装置を開発しました。 ROTOMATおよびTRANSOMAT は材料の縦方向および横方向の欠陥を確実に検出します。さらに、 CIRCOSON WT は石油掘削パイプの肉厚を検査し、製品の品質を保証します。

掘削の方向を決めるのに、多くのセンサーの他にコンパスを掘削パイプに直接取り付けて使用します。そのコンパスが誤作動を起こさないようにするため、非磁性材料の使用が不可欠であり、それは MAGNETOMATによって保証されます。

石油掘削プラットフォーム上では、使用したパイプが再び使用できるかどうか点検することが必要になる場合があります。このような場合にFOERSTER社は適切なソリューションを提供しています。ポータブルタイプの MAGNETOSCOPで石油掘削パイプをいつでも任意の場所で検査することができます。弊社は、最も不利な条件下においても品質を目に見える形にします。