fg

石油化学産業

業界の専門知識

石油化学工業は、車両エンジン用燃料以外にも、他の多くの日用品を生産していますが、そうとはすぐに思い浮かばないかもしれません。石油化学は、石油や天然ガスをベースにしたプラスチック、溶剤、並びに医薬品の基礎を形成する多くの化学原料を生産しています。通常、石油化学プラントは短い輸送ルートで出来る限りコストを低く抑えるために製油所の近くにあります。

石油化学プラントの特徴は、製油所から石油や天然ガスをプラントに輸送するために何キロもの様々なパイプからなるネットワークが形成されている点にあります。原料はまず触媒反応させるためいわゆる改質炉に供給され、その後、得られた原料はさらなる処理のために輸送されます。

ハイプがあるところはどこでも、FOERSTERもまたその近くに存在します。石油化学工業の舞台裏を見てみましょう。

使用例

水蒸気改質

水蒸気改質は、軽い炭化水素から水素を多く含む合成ガスを製造する方法です。この製造は、いわゆる一次改質器で行われます。

一次改質器は、多くの製油所、肥料工場またはメタノール製造所で使用されています。改質器は、プラントの重要な中核的装置です。炭化水素の水蒸気改質は、実質的には改質器に垂直に設置された改質管内で行われます。

改質管は、高合金の遠心鋳造材料で作られており、ニッケル系触媒が充填されています。パイプ内で吸熱反応が起こるため、外部からの熱が必要です。これはバーナーで行い、バーナーは対応する改質器の設計に応じて、天井、側面あるいは床面に配置することができます。改質管は高い温度と圧力により膨大なストレスにさらされます。

パイプには大きなストレスがかかるため、定期的な検査が重要で、特にパイプの膨張とクラックを確実に検出し、それらの危険性を適切に評価する必要があります。改質管での漏洩による停止時間がもたらす損失は、新しいパイプの取付けや交換よりもはるかに大きくなります。

事実こうした理由から、LEO-SCANシステムは25年以上にわたり、改質管検査で効果的に使用されています。パイプの肉厚を完全に貫通する渦電流試験法を使うことにより、バーナーや触媒の問題で発生する過熱等による微細なクラックを検出します。また、クリープ損傷はしばしばパイプ膨張の兆候であるため、膨張測定はレーザー技術によって行われます。

LEO-SCANシステムによって、1シフトごとに約250本のパイプを検査することができます。すべての検査を各々重ね合わせることにより、結果とその過程を比較することができます。多くの改質器は床に近いところから損傷が進むため、LEO-SCANシステムの検査は床上20mmから開始します。

化学プラントにおける改質管の検査に関する弊社サービスの詳細は、次のリンク先に記載されています : www.mp-ndt.de

Picture courtesy of the El Dorado Chemical Site, El Dorado, Arkansas; part of LSB Industries.