fg

自動車産業

業界の専門知識

現代の自動車は、完全にコントロールされた品質管理と信頼性の下で製造された様々な部品からなり、それはまさに高度な製造技術のそのものです。自動車業界では、常により小型で軽量のエンジンを製造するために恒久的な開発が行われているため、材料には高い要求が課されます。個々の部品は高温や摩擦などの大きなストレスにさらされ、材料の極小クラックや誤った材料の選択はエンジンを全損失させることがあります。従って、部品の適切な機能を確保するために、信頼性の高い探傷や材質テストが不可欠です。

FOERSTER社は、幅広いアプリケーション用に特別な検査システムを開発しました。これらを使用して、エンジンやトランスミッション並びにステアリング、ボディおよび接続要素の様々な部品に100%検査を行うことができます。

自動車業界の舞台裏を見てみましょう。

AUTOMOTIVE INDUSTRY - Process-integrated quality assurance for metal components

使用例

F1ドライバー、ダニエル・リチャルドのマシンは2015年バーレーンのレースにおいて、ゴールからわずか200メートル手前で事前警告なしに突然エンジンから煙が発生しました。レーシングドライバーは困難を乗り越え、アイドル状態でゴールラインを6位で通過しました。何がその原因だと思いますか?エンジン故障の原因はピストンピンの破損でした。

エンジンの回転数が高い場合、 ピストンとピストンピンはシリンダ内に発生する大きな負荷に耐える必要があります。これは、取り付けられた素材に非常に高いストレスがかかることを意味します。軽量化し、同時に効率を高めるためにエンジンは常に小型化されています。

従って、欠陥の無い、同じ材質のみ使用し、ピストンやピストンピンの破損を回避することが不可欠です。これを確実にするために、部品製造工程では異材混入が起こらないように材質テストを MAGNATEST検査システムで行い、材料の混合を排除するために、クラック検査を STATOGRAPHで行います。

これで、完璧な部品のみがエンジンに取り付けられ、エンジンの損傷を最小限に抑えることを確実にします。完璧に動作しているエンジンのみが安全にゴールに到達します。

 

Application Notes - Automated Crack Detection of Piston Pins and Piston Rods

 
 

今日の車両エンジンは多くの要件を満たす必要があります。低燃費、高出力、低排出ガスが要求されます。これを達成するには、エンジンのすべての部品同士がうまく整合し、また材料に欠陥がないことです。

インレットバルブとアウトレットバルブは、熱的および機械的に最も高いストレスがかかるエンジン部品です。高いエンジンの回転数では、バルブシートインサート上のバルブの開閉は速さと正確性が要求されます。その際、温度は800〜1000℃の高さに達し、極小のクラックでもバルブの故障につながる可能性があります。そのため、製造工程では部品表面に亀裂が無いかどうかを STATOGRAPHで細かく検査します。バルブエンドはカムを擦り、非常に高いストレスにさらされるため、特に硬化されている必要があります。 MAGNATESTで材料の硬さの程度を正確に検査することができます。

私たちの車を最大限に生かしているのは外からは見えない部品であり、FOERSTERはそのお役に立っているのです。

 

Application Notes - Automated Crack and Structure Testing of Valves