航空宇宙

業界の専門知識

飛行して世界を上から見るという夢ほど人々を魅了するものはないでしょう。最初の飛行の試み以来、高い技術および革新的な産業の開発により、私たちは安心して休暇を過ごせるだけでなく、都会のジャングルを人工衛星によってナビゲートされるようにもなりました。

安全と信頼性もFOERSTER社の製品を特徴づけています。従って、弊社の高精度かつ高感度の測定装置と検査装置のSIGMATEST および MAGNETOSCOP 等は、航空機の定期的なメンテナンスの際に使用されます。また、弊社の  3軸磁力計を基準として航空機内の磁気コンパスの校正に使用されます。

FOERSTE社の高感度測定センサーは宇宙においても使用されています。1962年、最初のFOERSTER磁力計が人工衛星に搭載されました。探査機マリナー2号はこの装置で磁場探査を行いました。さらに宇宙で複数のミッション(X線観測衛星ROSATの正確なアラインメント等)を担う測定装置がその後開発されました。

フリードリヒ フェルスター博士は1992年にNASAから最高功労賞を受賞しました。

さらに詳しくお知りになりたい場合は、弊社の使用例をご覧ください。

使用例

タービンブレード

特に航空機では、定期的なメンテナンスに関して非常に厳格な安全規制を遵守する必要があります。これには、メンテナンスに加えて、個々のコンポーネントの点検と修理が含まれています。飛行中、部品は重負荷にさらされます。部品が破損していないかどうかを確認するために、FOERSTER社は個々の部品の亀裂を現場で確実に検査できる装置を開発しました。

例えば、単一のエンジンには1000個以上のタービンブレードが取り付けられています。飛行中にホイール状に配置されたブレードに腐食や亀裂が生じることがあります。

装置  DEFECTOMETERを使用し、直接現場でメンテナンス時にタービンブレードの亀裂を検査することができます。装置に接続されている特殊なセンサーは、タービンブレードを徹底的に、しかも迅速に検査することを可能にします。また、高感度の測定装置の MAGNETOSCOPを使用し、高熱ストレスによるタービンブレードの腐食損傷を検査することができます。

弊社は、あなたが雲の上を安心して行き来できるように、貢献しています。